トップ

不動産にまつわる国家資格

不動産にまつわる国家資格には以下のようなものがあります。1、宅地建物取引主任者「宅建」の略称で知られています。宅地建物の取引業を営む場合には、必ずこの資格者を置かなくてはなりません。重要事項説明や、契約締結書面への記名捺印を行います。2、不動産鑑定士地域の環境や諸条件を考慮して「適正な地価」を判断します。国や都道府県が行う「地価公示」や 「都道府県地価調査」「相続税標準地の鑑定評価」「固定資産税標準宅地の鑑定評価」にも従事します。3、土地家屋調査士表示に関する登記について必要な土地または家屋に関する調査及び測量を行います。また、表示に関する登記の申請や審査請求について、所有者の代理で手続きを行います。

家や土地等を扱う国家資格

不動産関連の資格は民間を合わせると多く存在しますが、法律が絡むことが多いため、有望なものは国家資格が多いです。その中で最難関は宅地建物取引主任者、俗にいう宅建でしょう。毎年多くの受験者が居て、独占業務が含まれることから、当該関係会社では必須になります。他の難関資格としては、土地家屋調査士があります。土地・建物の用途変更や新築時に行う登記申請、土地の境界線を巡る紛争の解決が主な業務内容です。他にも、価値決定の独占型資格である不動産鑑定士や、マンション管理の様々な業務を行うことができるマンション管理士や管理業務主任者があります。

© Copyright 不動産に関する資格はこれ. All rights reserved.